私たちUchuPeopleは、会社化してようやく6ヶ月目に突入しました。

体制作りや、方向性の構想など、

知らなかったことを少しずつ学びながら、ひとつひとつ整えてきています。

理想を持って、模索して、構想を立てて、人に会って、行動していく。

アニメーションを実際に作りながら、この流れを安定させるのは、

あんまり簡単ではないみたいです。

それでもその中でひとつ、習慣化できてきた事について、

今回はご紹介します。

私たちUchuPeopleは、

毎月29日を、「焼肉を食べる日」に設定しています。

ただただ、「焼肉を食べる日」です。

他に条件はありません。

これは、合同会社としての設立日が、

平成29年11月29日

で、「にく、いい肉」の日だったからです。

今年の2月に思いついてから、

2月末(は、28日までしかなかったので翌日)、3月末、そして先日の4月末と、

計3回開催されました。


「ビシバシ働いた分だけ美味い」という根性への褒美みたいな意識はなくて、

一緒にいる人の体にタンパク質を取り入れて、また次の月もやっていく、という

淡々とした目的です。

業務内容と全く関係のないことを会社のシステムにするのは、

不思議と面白いもので、

「この案件に関係する能力や話題」から逸脱して

人となりをシステムから逃がしたり、

話の興味の発露を、いつもの業界関連の話題の範囲から外したり、

関わる人を業務内に制限せずフラットさせたり、

そんなことを成す感覚があります。

これからも、淡々と続けていきます。



新年度が始まりましたね🌸

季節の変わり目、みなさん喉風邪などひいてませんか?

キシリクリスタルのフルーツアソートの美味しさにどハマりしそうな小野です。

喉の調子が悪い方試してみて下さい🍇とっっても美味しいです。

さて、ポプテピピックの最終話放送から約10日、

第3巻の Blu-ray & DVD と、アルバムCD ALL TIME BEST の発売から

約1週間が経ちました。

みなさまお手に取って頂けましたでしょうか?

お気付きの方もいらっしゃると思いますが、

ポプテピピック ALL TIME BEST の中に、

本放送では見かけなかった楽曲が収録されていたかと思います。

『おねんねコンちゃん』です。🦊

こんなわかりやすいタイトルの楽曲、

本放送を一通り見ていれば思い当たらないわけない、

そう思われた方もいらっしゃるんじゃないかと思います。

実は、我々 UchuPeople が担当した、

本放送から外れた1本が、

この『おねんねコンちゃん』なんです。

Blu-ray & DVD の第3巻、特典映像はチェックして頂けましたか?

「フェルトパート未公開シーン」が収録されています。

ここに『おねんねコンちゃん』のフル映像が潜んでいるのです。

ご覧いただけばお分かりの通り、

特におまけぶって手を抜いた作品ではありません。

本編で流れても全然遜色ない

いわば完全新作!

では、なぜ放送されなかったのか。

それは 2017年の春に遡ります。

キングレコードさんと、神風動画さん、

そして青木純さんらが企てを実行に移し始めてから

すでに1年以上が経過していたようです。

どんな作家が参加するのかが定まってきて、

エイプリルフールに星色ガールドロップのサイトがオープン、

本格的に制作に移行していく中で、

主にメールでバリバリ案出しをして、

早い方の話数の構成が、固まりつつありました。

基本的には、最終話までの内容が固まる前に、

最初の話数の内容を決定し、それぞれが着手/納品していました。

私たち UchuPeople は、

フェルトのダンスパートを4本制作することが決まりました。

THEカワイイアイドルソング

80年代ディスコ

童謡→殺伐とした感じ

ユーロビート(パラパラ)

1曲目から一つずつ、歌詞や構成、絵コンテをお送りして、

数週間〜数ヶ月して、作曲の吟さんからデモが届きます。

絵コンテが定まり、デモが届いてから、

私たち UchuPeople は、

2017年初夏の頃から、造形等に着手していきました。

2曲目のVコンを確定し、

3曲目の歌詞を当真が完成させたくらいのタイミングで、

予定変更が起こります。

なんと3曲目か4曲目の作詞は、

原作の大川ぶくぶ先生が担当することが決まったのです!

この段階で、3曲目の「童謡→殺伐とした感じ」の歌詞は完成していたので、

その内容を青木さんに伝えると、

「では3曲目はそのまま集中してもらって、大川先生の作詞は4曲目にしましょう!」

と、快くそのまま話を進めて頂ける事になりました。

ここで生まれ落ちたのが、

『おねんねコンちゃん』だったのです。

その後、

4曲目はユーロビートネタではなく、

卒業合唱ソングに決定し、

12話に配置されることが決まった頃には、

最終話までの流れが見通せるようになっていました。

その中で、『おねんねコンちゃん』は、

4曲目に決定した卒業合唱ソングと、

「前半と後半で印象のギャップを出す演出」が被っていることから、

本編では放送せず、

Blu-ray & DVD の特典映像に収録することが決まったのです。

こうして『おねんねコンちゃん』は、

本放送には乗らないと確定した上で、

Blu-ray & DVD に収録される日を夢見ながら、

2017年の年末に納品されてゆきました。

ポプテピピック第1話放送の、約1週間前のことでした。


そんな紆余曲折あった『おねんねコンちゃん』、

ポプテピピック Blu-ray & DVD 第3巻に収録されています。

もしかしたら3曲目が大川ぶくぶ先生作詞の別の楽曲で、

もしかしたら最終回にユーロビート回だったかもしれない、

なんて別の世界線もちょっと思い浮かべてもらえたらと。

ぜひ円盤でご覧ください。

カラオケもすでに配信されているようです!

ぜひ歌ってくださいね!



TVアニメ『ポプテピピック』最終回の第12話に 『心の大樹』という曲で参加させて頂きました!

制作者構成は、

絵コンテ・造形・演技・撮影:当真 題字・編集・エフェクト:小野

です。

そして今回、作詞は原作の大川ぶくぶ先生でした! 原作から直投げを頂いて実現した卒業ソング『心の大樹』、 ご覧いただきありがとうございました!

今回、ポプテピピックという大きな作品に参加させて頂いたことで、 多くの人々にフェルト人形アニメを観て頂くことができ、 本当に良い機会となりました。 今回、参加するきっかけを下さった神風動画さん、 お声をかけていただいた青木純さん、 音楽を制作してくださった吟さんをはじめ、 制作にかかわっていただいた皆様に、心から感謝申し上げます。

本当にありがとうございました。お疲れさまでした!

この作品に関わることができて最高でした!

UchuPeopleは、

これからもフェルトを愛し、

ストップモーションアニメーションを通して、

たのしい世界を作って参ります。 ポプテピピック関連で、 UchuPeopleは以下の発行物に関わらせて頂いております。

《雑誌》 アニメージュ4月号 Vol.478

【ポプテピピック大特集「愛LOVEポプテピピック」】

http://animage.jp/books/date/2018/?post_type=books

《CD》

ポプテピピック  ALL TIME BEST

【恋して♡ポプテピピック】

【LET'S POP TOGETHER】

【心の大樹】

【おねんねコンちゃん】

http://hoshiiro.jp/release/

《DVD & Blu-ray》

ポプテピピック vol.1

第2話 第4話

ポプテピピック vol.3

第12話(最終話) 特典映像(フェルトパート未公開シーン)

http://hoshiiro.jp/release/bddvd.html

《カラオケ》

番組名「ポプテピピック」で随時 https://www.joysound.com/web/search/title/25344

ぜひお手に取ってみてください!

DVD & Blu-ray の第3巻に収録の未公開シーンに関しては、

200%必見です!要チェック!



#お仕事